まずは一度、安心してお電話ください。受付スタッフが親切・丁寧にご案内いたします。

安心宣言

VISA・MasterCard・JCB

チャレンジ25

占い大図鑑

易
易 四千年の歴史を持ち、経典から生まれた脅威の占術

■ 区分:東洋系占術

■ 占い名:易【易経・周易・断易・八卦・イーチン】

■ 読み:えき


■ 歴史は?

易の始まりは、古代中国です。神事として亀の甲を焼き、そこに現れる亀裂の形から吉凶を占う「亀卜」がそのルーツだとされています。

その後、今から3千年前の中国には、占いについて書かれた、「周易」「連山易」、「帰蔵易」の三種類の書物が知られ、その後「周易」は、易占法の原典とされる「易経」として体裁を整えられ、現在に伝えられてきました。

また、『易』は、王族たちが国を統治する上でも大切な役割を担ってきたとされています。

しかし、この「易経」は難解な書物であったことから、多数の学者によって多様な解釈があります。その結果、同一の卦(け)であっても、流派や易学者によってその解釈が大きく異なることがあります。

現在もなお、「易」と言う文字が、トカゲが肌の色を変化させることに由来するという蜥蜴説と、「日」と「月」から構成されるとする日月説がありハッキリしないのはこの為だとも言われています。

また、近代になり『易』は、西洋でも盛んに紹介されるようになり、ライプニッツやユングなどの心理学者や哲学者たちの思想にも影響を与え、ジョセフ・マーフィーの聖書に基づいた『易』の解説書などもあります。

■ 特徴は?

『易』は、その原典で知られる「易経」の解釈法により、卦の象形や易の数理から天地自然の法則を読み解く「象数易(しょうすうえき)」と経文が人々に伝えようとした倫理哲学を主にして考える「義理易(ぎりえき)」と大きくふたつの流派があることが知られています。

五十本の筮竹(ぜいちく)を使い、それによって吉凶その他を占うことから「卜筮」とも呼ばれます。

流派によっては、「易経」は、儒教の基礎とされる「五経」の経典のひとつであり、「周易」はさらに儒教的な解釈が加えられたものとして区別している場合もあります。
『易』は、昔から日本人に好まれ「易者」とは占いの代名詞として使用されています。
古今東西で行われている、サイコロやコインを使った占いも『易』がその基本になっていると考えられています。

■ 方法は?

『易』は、「筮竹(ぜいちく)」と「卦木(かぼく)(算木(さんぎ))」を用い、六十四卦の中から一つの卦を出し、さらにさまざまな独自の作法を経て、現在の状況、その未来、より良い方向に向かう方法を探す占術です。

流派によっても異なりますが、筮竹を使った占術には、五十本の筮竹を左手に握り、その中から1本だけ抜き取る「本筮法(十八変筮法)」、一本取り出して太極を立て、天策と地策とに分ける「中筮法(六変筮法)」、本筮法はあまりにも長い時間かかるので、代わりに行われる「略筮法」が知られています。

この略筮法が日本の『易』としては、もっともポピュラーな占術としても知られています。

筮竹を八本数える時には、二本ずつ「春夏秋冬」と唱え、変爻で六本ずつ数える場合には「天地人」と唱えます。

■ より正確な結果を求めるあなたへ

『易』は、卦辞の中に「初筮告。再三涜。涜則不告。」とハッキリ記され、最初の「卦」のみが有効です。

そのため、思い通りの結果が出ないからと、何度も占うと卦が汚れて正しい結果が得られません。

そのため、最初の卦をどう受け止め、その結果からどのように努力したかによってのみ、次の卦が得られます。

また、『易』は全般的なことより、具体的な事柄に焦点を絞ることで的中率が増します。

<ここがポイント>

『易』の根本理念のひとつに、大切なことや大事なことは、占いによって得られるわけではなく、占いは飾ることだとされています。つまり、あなたの心の中で感じていることや思っていることを形にして、見させてくれることなのです。さらに、『易』占いは、迷いを解決する道具であるため、迷ってもないのに占う必要はないし、少し厳しい言い方になってしまいますが最終的には物事の吉凶は占いに頼らず自分で決断するものだとされています。

■ もっとこの占いのことを知りたいあなたへ

  • 占いの結果に「凶」が出た場合は、やはり悪いことが起こると諦めるしかないのでしょうか?
  • 『易』では、「吉」「凶」「悔」「吝」が示されますが、もし、「凶」 が出ても驚いてはいけません。その場合は、卦の本来の意味を知り、自分を戒(いまし)め、あなた自身の未来を前向きに変えていくことが大切です。そうすることで、「凶」が出てもよりよい方向に運気を変えることが可能となります。
  • 運気は「吉」だと言われたのに、最悪のことばかり重なりました。占いが当たらなかったのですか?
  • 『易』はとても歴史がある占いで、的中率も高いことが知られています。恐らく「吉」と出ているからと、すべてが思い通りに行くと考え高慢な態度を取ったことで、残念ながら折角の良い運気が変わってしまったと思われます。
  • 『易』占いをお願いしたのに、どうして「姓名判断」をするのですか?
  • 姓名判断には、いろいろな方法が知られています。なかでも、画数で判断する方法、発音で判断する方法は、易占いのルーツとなった「易経」が元になっているからです。そのため、多くの場合は姓名判断も取り入れ、さまざまな方向から運命の傾向を鑑定させていただくためです。

FORTUNE TELLING METHODS 占い方法大図鑑

  • 霊感・霊視
  • 霊感タロット
  • エンジェルカード
  • オーラ診断
  • 夢占い・夢診断
  • 西洋占星術
  • 数秘術
  • マヤ暦
  • 四柱推命
  • 算命学
  • 宿曜占星術
  • 易
  • 九星気学
  • 紫微斗数
  • 陰陽五行

お誕生日と占いの関係を詳しく見る

PIL inc and Across Corporation
This service provided by collaboration between companies.
Copyright (C) 2010 電話占いアナン All Rights Reserved.

このホームページに掲載されている記事・写真等の無断転記 を禁じます。
電話占いは霊感・霊視・総合占術で占うアナンへお電話下さい。